POSレジの普及率|売上アップの秘訣|飲食店は徹底した管理が重要

POSレジの普及率

男女

売上や顧客情報を簡単に管理できるPOSシステムは店舗が大きければ大きいほどその真価を発揮します。その理由として、店舗が大きければ大きいほど数字の規模も巨大化するからです。例えば、従業員の数が百人単位だった場合、その従業員のシフトや給料、時間外労働の時間など、人数分の管理は通常だと非常に時間がかかります。他にも、飲食店ならば仕入れた食材の量や仕入れ値なども、飲食店の規模が大きければ大きいほど増えていきます。こういった管理は、細かい箇所の見落としにより売上アップのチャンスを逃してしまい、結果的に大きく損をしていることもあるのです。よって、規模の大きな店舗の場合、POSを導入すれば売上アップにつながることは多いです。
では、規模の小さい飲食店でPOSの導入は無意味かというと、もちろんそんなことはありません。POSは、その気になればタブレットなどでも使用できますし、ソフトもフリーのものがあるので気軽に導入できます。もちろん有料版のほうが圧倒的に機能は優れていますが、それでも安価で済ませようと思えば不可能ではありません。
そんなPOSですが、やはり飲食店では大手であればあるほど普及率が高いのですが、近年ではごく小規模の個人経営店でも導入しているところが増え始めています。小規模店舗の場合、売上アップよりもむしろ管理を効率化させて手間を省くことを主目的にしているケースが多いです。なお、近年では管理のほか飲食店の売れ筋のメニューなどもわかるソフトも有り、売上アップにより効果を発揮するものが開発されています。